トップ

手遅れ前にAGA治療

AGAが手遅れになるのは

AGAは手遅れか判断不可能

最近、自分で鏡を見ていて頭髪が薄くなってきたと感じたり、妻や恋人から前よりも髪が薄くなったんじゃないかと言われたりすることがありませんか。気になってもそのうち何とかしようと思ったまま時間が過ぎ、取り返しのつかないところまで薄毛や抜け毛が進んでいたということになればとても悲しい気持ちになります。では、薄毛や抜け毛の原因がもしAGA(男性型脱毛症)だとしたら、そのままにしておくと手遅れになるということはあるのでしょうか?>AGAの進行を防ぎたいならこちらを見てみてください。

AGAの治療をせずにずっとそのままにしておくならいずれは改善できないほど手遅れになります。ではどこまで行けば手遅れ状態になるでしょうか?鍵となるのが「毛母細胞」です。この毛母細胞が細胞分裂を繰り返し、太く長い毛髪へと成長するわけです。しかしこの毛母細胞が死んでしまうと髪は成長しなくなります。毛母細胞が死んでしまっているならば成長は望めない、手遅れということになります。

しかし、自分で毛母細胞の生死を判断することはできませんから、こればかりは治療を始めなければ本当に手遅れか、そうでないかは判断できません。髪が短く細くなっている、薄くなっているあるいは抜けやすくなっているとはいえ、毛母細胞はまだ生きているわけです。

早期にAGAの症状を自覚し治療を開始すれば、再び太く、長いしっかりとした毛髪を生み出すように改善治療してやることができ、回復の可能性は大いに期待できます。AGAの治療を始めるのが早ければ早いほど、治療の効果も出やすく、逆に遅くなれば遅くなるほど、効果が実感できるまで時間がかかり、費用もかかることになります。

人間の髪の毛は、一般的には80歳くらいまで生え続けると言われています。40歳ならまだ40年間、髪の成長を期待できる期間が残されています。AGAの症状に気付いたら、あきらめるのではなく、早く治療を開始することで、長い人生、ずっと髪と友達のままでいることができるでしょう。

Copyright © AGAが手遅れになるのは. All rights reserved.